December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

27 December 2017

椎茸、その後2

201712271
休眠期を終えて、7個だけですが、
ニョキニョキと生えて来ました。

椎茸は、成長が早い!!です。
ちょこっと出かけて帰宅すると、一回り大きくなっているのです。
かわいい^^おもしろい^^

201712272
週末、大きめの4つを収穫。
お鍋にしました。

あと1回、収穫できるかもしれないようですが、
ずいぶん体力も使っちゃっただろうし、厳しそうなので、
年が明けたら、新しい菌床を迎えようかと相談中です。

201712273
さて、今年も届きました!
パートナーシップキルトのナンバーです。
38番。
はて?今年は、どんなのを出したんだったっけ?
すでに忘れかけていますが^^;;
ドームでご対面したら思い出すでしょう。

早いもので、もう来月。
8年ぶりに自宅から行くことができます^^v
たくさん買い物をして、持って帰れるか?
雪で飛行機が飛ぶか?
心配する必要がなくなったのはうれしいです。
実家から飛行機で母が来るので、そちらの飛行機の心配はありますが、
まぁ、欠航したら、うちに延泊すればいいのだし。
(行きの飛行機が欠航したら困るのだけど・・・)
いや・・・その前に、母の寝床を確保せねば!なのですが。
今日は片づけよう、明日こそ片づけようと、
ここ数ヶ月、毎日思っているのですが・・・^^;;
年末までには、頑張ります。

これが、今年は最後の記事になりそうです。
あまり更新できませんでしたが、
お付き合いくださりありがとうございました!
来年は、もう少し更新できるよう頑張ります!
またよろしくお願いいたします。

それでは、どうぞよいお年をお迎えくださいませ^^

12 December 2017

椎茸、その後。

201712121
休眠中の椎茸ですが、ニョキニョキと育って、
また11個収穫できました。
大きめのものは、焼き椎茸に、
小さめのものは、お味噌汁の具にしました。
そろそろ休眠期も終わりなので、
あとどれくらい収穫できるか楽しみにしているところです^^

201712123

手織り機で、玄関マットを織ってみました。
長年、温めてきた生地があって、
もう使わないかなぁ・・・と、処分するつもりでしたが、
「捨てる」ことに対して、思い切りの悪い私・・・
何かに使えるかも?
と、捨てずにいた布を使ってみました。
3種類の布を使いましたが、どれもぼんやりとした色なので、
仕上がりもぼんやりと。(笑)
でも、前回のキットで作ったものよりは、
我が家の色合いには合っているので、よし!としました。
しばらく玄関マットとして使ってみようと思います。
あ、新年からデビューの予定です^^

埃とか掃除とかが面倒で、これまで玄関にマットを敷いたことがありません。
マットを洗うのも面倒だし。
(どれだけ面倒くさがりなんだ!って話ですが^^;;)
こまめにお掃除、洗濯すればいい話なんだよな~と、
2018年からは、マメな主婦を目指して!
早いもので、主婦歴20年になりますし、頑張ります^^

週末は、ムーミンの映画を見て来ました。
映画は、滅多に見なくて、前回見たのは、なんだっけ?と
思い出せないくらいなのですが、スヌーピーじゃない?という話になり、
そんなのばっかり見ているのですが(笑)
今回のムーミンも心温まる優しい内容に、ほっこり^^となりました。
決して、子ども向けではなく、いや、むしろ、子どもにはちょっと難しいんじゃ
ないかと思うくらいで、子どもさんもたくさん見に来られていたのですが、
どれくらい理解できていたり、面白いと感じられたのか、
聞いてみたいと思いました。
私が子どもの頃、テレビでアニメのムーミンをやっていたのですが、
ストーリーを全く覚えていないのは、内容が難しかったからなのかもしれません。

そして、北欧繋がり・・・ということで、
損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の
「デンマーク・デザイン」展にも出かけて来ました。

家具、照明器具、食器などの展示は、どれもとても素敵で、
これまで、旅行先として考えて来なかったのですが、
いつか行ってみたい!と思いました。
何よりも、素敵だなぁ・・・と思ったのが、
デンマークは、国民幸福度が、世界一らしく、
そんな国に行ってみたい!見てみたい!と思いました。

201712122
(撮影OKのコーナーです^^)

05 December 2017

もう師走!

気づけば、今年ももう師走!
ついこの前、年賀状を書いたような気がするのですが、
あれは「引越しました」ハガキだったのか?
いや、年賀状もつい最近書いたような気がするのだけど、
とにかく、1年が早い!
今年は、引越の片づけで終わりそうです。

引越の片づけばかりでは、気が滅入るので、
面白そうなことも見つけて楽しんでいますが、
先日、こんなものを見つけました。

201712051

森のしいたけ農園。

この茶色のかたまりに、水を与えること数日間・・・

201712052

↑の何もない状態から、1週間足らずでこの状態。
201712053

3日間に渡って収穫。
小さなものも合わせると、70個のしいたけが採れました。
焼きしいたけにしたり、お鍋に入れたり、お味噌汁の具にしたり・・・
それでも食べきれないので、一部は干ししいたけにしました。

収穫し終わったら、2週間の休眠期を経て、
再び収穫できるようになるそうで、ただいま、休眠中・・・
ですが、すでにいくつかのしいたけが出始めています。

菌床しいたけは、以前、いただいて育てたことがあって、
また育ててみたいな~と思っていたところで、これを知ったので、
迷わず購入しました^^
花より団子なので、食べられるものを育てるのは、本当に楽しい!!

手づくりは、まだミシンが使えないので、
刺しゅうとか編み物とか、膝の上でできることをちょこちょこと。
JAM POTさんへの納品も、長いお休みをいただいていますが、
お休みをいただいている間に、すっかり老眼がきてしまったようで、
細かいものが、すっかり見づらくなってしまいました。
これから更に進むのか、ずっとこの状態が続くのかはわかりませんが、
更に進むのかも?と思ったら、のんびりしていられないな、と思い始めました。

そこで、ずっとやりたいと思っていた手織り。
夏頃に、中古の手織り機を譲っていただきました。
それが、卓上サイズとはいえ、我が家には大きくて、
届いた時には、あまりの大きさにひっくり返りそうになったほど^^;;
なので、なかなか取り掛かることができなかったのですが、
思い切って出してみました。

201712054

これまで、正直、あまり「好き」とは思えなかった裂き織りでしたが、
ある時、とても素敵な裂き織りのマットを見て、
こんなのもある(できる)んだ~!と思ったら、途端にやって見たくなりました。
うちには、生地は売るほどある!
糸(経糸)も、売るほどではないけど、それなりにある!
ガンガン裂いて、ガンガン織ろう!と思っていましたが、
布の裂き方や経糸の掛け方など、何も知らなかったので、
まずは、キットを購入しました。

手織りは、経糸を掛ける作業が大変なのは、
おもちゃの手織り機(おりひめ)で体験済みでわかってはいましたが、
裂き織りは、さらに緯糸の準備もしなくてはいけなくて、
これが、大変な作業でした。
布をすべて1.5センチ幅にカット。
カットしたものを色を考えながら織る順番に並べて、
縫ってつなげていきます。
さらにそれを二つ折りにして、シャトルに巻きます。
織る作業は、本当に楽しくて、すいすいと進んで行きました。

201712055

完成~^^v

なかなか自分では選ばない柄、色の生地がセットされていて、
どうなることかと思いましたが、これくらい色がはっきりしている方が
素敵に仕上がるのかもしれません。
使っていくうちに、褪せたりもするだろうし。
そう考えると、私の持っている布は、くすんだような色が多くて、
どんなふうに仕上がるのか、ドキドキします。

刺しゅうでも編み物でも、籠編みでも、
大抵、引きが強くて、基準よりも小さく仕上がるのですが、
なぜか大きく仕上がりました^^;;
珍しい現象です。
キルトに至っては、型紙、縮小したの?と聞かれるくらい
小さく仕上がるのに。

まだまだ取説とにらめっこしながらですが、
もう捨てようかな、と思いながら、捨てられずにいた布があるので、
裂いて織ってみようと思っています。
↑は、さすがに我が家の玄関マットにも小さいので、
玄関マットが織れるといいのだけど。
完成したら、また見てください^^

18 October 2017

落花生の収穫

しばらく秋晴れの気持ちいいお天気が続いていましたが、
また東京は、雨続きです。
しばらく屋上も見回ることができなかったのですが、
今日は、久々に晴れたので、上がってみたら、落花生が色づいていました。
そろそろ収穫の時期だし、週間予報を見たら、また明日からしばらく雨なので、
掘り起こしてみることにしました。

201710181
晴れよりも雨の方が多かった今年の夏。
日照不足を感じていたので、期待はしていなかったけれど、
案の定、収穫は少なめでした。

201710182

2苗植えて、これで全部です。
早速、塩茹でにしました。
小粒だし、見た目は今一つですが、殻を割ると、
実はぎっしり詰まっていて、なかなかの美味でした^^

落花生を引き抜いたら、土の中からコガネムシの幼虫が出てきて、
これも成長に影響したように思います。
数えたわけではないけれど、落花生と同じ数くらいいたような・・・^^;;
幼虫系、あまり得意ではないので、
ひとりで、わっ!きゃっ!言いながら、どんどん日が暮れていく中、
幼虫と落花生を間違えないように(色、形が似ている^^;;)
拾い集めていきました。
収穫が終わった頃には、もう真っ暗!
東京の日暮れは、相変わらず早いです・・・

隣にサツマイモ(ベニアズマ)を植えていたのですが、
全く葉が茂らず、多分、ダメだろうとは思ってはいたのだけど、
掘ってみたら、何もなくて。(笑)
ダメでも、まぁ、食べるほどではない子芋くらいはできているかと
期待していましたが、きれいさっぱり。
何もありませんでした。
コガネムシすら敬遠したようで、隣なのに幼虫すらいなかった^^;;

来年に期待したいと思います。

19 September 2017

スダチの収穫

今年のスダチの収穫は、3個でした。
1個めは、8月中に冷ややっこに絞っていただきました。
果汁多めなスダチが収穫できました^^

2個めは、そうだ!記念と記録として、重さを測っておこうと思い立ち撮影^^

201709201

35グラム。
皮がごつごつしているので、堅そうなのですが、
果汁たっぷりで、たくさん絞れました。

201709202
3個めは、56グラム。
大きく育ちました!
かつおのたたきに絞っていただきました^^

来年は、いくつ収穫できるか今から楽しみです。
しっかり肥料をやって、大切に育てなければ!です。

連休は、日本橋高島屋で開催中の「浅田真央展」へ行って来ました。
201709203

真央ちゃんが試合やオリンピック時に着用していた衣装が展示されていて、
テレビでしか見たことがないのだけど、見ているとこみあげてくるものがありました。
そして、衣装の細いこと!
細いだろうな、とは思ってはいましたが、ここまでなのね・・・^^;;
技術を高めることはもちろんですが、この体型を維持することも
大変だろうなと思いました。

201709204
一部、撮影可の衣装もありました。

メリーポピンズの衣装、かわいくて好きでした。
ブルーの方は、お姉さんの舞さんのもののようでした。
他にも舞さんと一緒の衣装がいくつかありました。
私は、弟しかいないので、姉妹の感覚はわかりませんが、
こういうのを見ると、姉妹で一緒にできていいな、と思ったりもします。
大変なこともあったのだろうけれど。
(舞さんの「しくじり先生」も見ました^^;;)

この展示会は、これから日本全国巡回するそうです^^
オリンピックのラフマニノフなんて、衣装だけでドキドキしました。




15 September 2017

団十郎の種

201709151
団十郎の種が採れました。

団十郎は、種ができにくいと聞いていたので、
採れたらラッキー!と思っていました。

とりあえず5粒。
5粒蒔けば、1粒くらいは、芽が出るでしょう。

心配なのは、一緒に育てた4色寄せ植えの朝顔と交配していないかどうかです。
団十郎を生業として育てている方は、他の朝顔と混じらないように、
完全隔離で大事に育てるのだそうです。
最初は、「完全隔離」は無理としても、4色寄せ植えの鉢とは、
別の場所で育てることも考えたのですが、生業にしているわけではないし、
朝、起きて来てすぐに見られる場所がいいので、
結局、団十郎、4色寄せ植え、おまけに八重咲のおりひめの3鉢を
並べていました。
八重咲は交配しないとは思うのだけれど・・・わかりませんね。(笑)

来年のお楽しみです。

201709152
9月に入り、オンブバッタがおんぶし始めました。

かわいいです。
癒されます^^

葉っぱはボロボロですが、ここはバッタが先住民なので、
どうぞ召し上がれ^^状態です。


04 September 2017

ツマグロヒョウモンの羽化(追記あり)

8月26日にサナギになった蝶たちが、今日、羽化しました。
全員無事です、と、ご報告したいところでしたが、そういうわけにはいきませんでした。

先日の記事で写真を載せていたサナギは、その日のうちに、
忽然と姿を消してしまいました。
今にも落っこちそうだったので、落ちてしまったのでは?と辺りを探して回りましたが、
見つかりませんでした。
同じ場所で、カマキリがいるのを見たこともあるし、アリもいます。
鳥か、ネコか、もしかすると人間かもしれません。
(人間の場合は、好意で持ち帰ったと思いたいです。)
せっかくここまで育ったのに、何かに捕食されてしまったのかも、と思ったら、
自然界は厳しいと痛感しました。
その代わり・・・と言っては語弊がありますが、
記事を書いた時には気づいていなかったサナギが、新たに見つかりました。
雑草がぼうぼうなところがあるのですが(草取りしなくちゃ、なのです^^;;)
その中の1本の雑草にくっついていました。
我ながら、よく見つけたと思いました。(笑)

201709041

週末から、いつ羽化するだろうか、とソワソワ。
暇を見つけては、見に行っていました。
昨日、サナギの色が変わっていたので、そろそろかな、と思っていました。
今朝、夫の出勤時に見た時には、まだサナギで、その後、結構強い雨が降り出したので、
素人判断ですが、「雨の中の羽化はない」と思っていたのですが、
お昼頃、雨がやんだので、見に行ってみたら、すでに蝶になっていました。

201709042

201709043
羽化したばかりなのか、まだ羽が伸びきっていなくて、クシャクシャです。

201709044
すでに旅立った後でした。
やけにサナギがひらひらと風に揺れているな、と思ったら、もぬけの殻でした。

あと1匹。
朝顔の葉でサナギになった子がいましたが、数日前に朝顔の葉が枯れて、
茎から外れてしまったので、ベランダの朝顔の行灯にマステでとめてやりました。
ここなら私も観察が容易です。

201709045

今日のところは、まだ羽化する様子はありません。
色も、葉が枯れてきたので、その色に合わせてきたのか、
きれいなオレンジ色だったのが、茶色く変色してきました。
最初は、羽化の予兆だと思っていたのですが、
どうも違うような気がしてなりません・・・
正直、嫌な予感がします。
もう数日間、様子を見てみたいと思います。

すでに飛び立ったと思っていた蝶ですが、サナギになった棒の先に
とまっていることに気が付きました。

201709046

そして、羽が伸びきっていなかった蝶ですが、
どうやら、「まだ伸びきっていなかった」のではなくて、
羽化不全だったようで、「もう伸びない」ようです。
最初に見た時よりは、やや伸びたようにも思うのですが、
まだクシャクシャのままです。
しばらくすると自力で雑草から移動していましたが、
その場所に置いておくのは、危険が多すぎるので、
ベランダの朝顔にとまらせて、様子を見ることにしました。

201709047

飛ぶ練習もしていましたが、やはり、うまく飛べません。
せっかく羽化できたのに。
こういうこともあると知ってはいたけれど、やはり目の当たりにすると悲しいです。
ポカリを与えてみたら、ゴクゴク飲み始めました。
ナミアゲハの時は、なかなか飲んでくれなかったのですが、
この子は、食欲旺盛なのが、せめてもの救いです。
少しでも元気をつけてくれれば、と思います。

以上、ご報告でした。
お付き合いくださり、ありがとうございました^^


羽化の瞬間も、飛び立つところも見ることができませんでしたが、
どちらも一瞬のことですし、仕方ないかなと思っています。
また来年(かな?)、うちに産卵に来てくれたら、見守りたいと思っています。
いろいろ覚悟も必要ですが。
その時は、またお話、聞いてくださいね。

【追記(9/5)】

201709051
羽が伸びきらなかった蝶ですが、一晩、家で保護しました。
お昼頃、ポカリを与えると、ゴクゴクと飲んでくれました。
まだまだ元気は残っていそうです。
腹ごしらえをしたところで、ベランダに出したら、飛ぶ練習(蝶にしてみれば、本能なんでしょうが・・・)を始めました。
最初は、私の方にお尻を向けていたのですが、ブルブルと羽を震わせながら
クルリと私の方に顔を向けて、ピタリと動きを止めました。
しばらく見つめ合っていると、涙が出て来ました。
一晩閉じ込められたことに対して、文句を言われているような気もしたし、
そもそも、こんな身体になってしまったのは、餌(スミレの葉)が足りなかったからだ!
と抗議されているような気もしたし、
逆に、保護してくれてありがとう、と言ってくれているような気もしました。
抗議でもお礼でも、どちらにしても泣けてきました。
私にできることは、もうないので、「頑張って!」と声を掛けて、見守りました。
しばらくは、床を這っていましたが、ひらひらと少し飛んで、壁にとまりました。
手すりは、私の胸の高さくらいはあるので、
まだしばらくは、外には出て行けないだろうと思っていましたが、
しばらくすると姿が見えなくなったので、ベランダに出てみると、
すでに次に飛んだら、恐らく、壁を越えてしまうだろうという位置にいました。
これは、旅立ちの時なのかも・・・と、最後にもう1度ポカリを与えようと準備をして、
ベランダに出ると、フワっと舞って、ひらひらひらと、
ついにベランダの手すりを越えて行ってしまいました。
斜めお向かいのお宅の壁面で、羽休めをし、
その後、給湯器?の上に移り、かなり長い間いたので、
ここで尽きてしまうのか・・・と心配でしたが、
1時間くらい経って見てみると、姿が見えなくなっていました。

元気に飛び回るのは、厳しい状況だと、正直思います。
でも、少しの距離でも、少しの高さでも飛べたし、
もし、今日、旅立つことがなければ、今晩も家で保護するつもりでした。
狭い人間の家の中で一生を終えなくてよかったと思います。

【追記(9/7)】

朝顔の葉でサナギになっていた蝶のその後です。
画像はありませんが、昆虫関係が苦手な方は、読まない方がいいと思います。
書かないでおこうかとも思ったのですが、いい話ばかりお伝えするのも、
なんだか違うな、と思い、書くことにしました。

最初に、羽化のことを書いた時、このサナギについては、
「嫌な予感がする。」と書いていましたが、その予感が当たってしまいました。
そろそろ羽化するかも!の予兆は、他の順調に羽化したサナギ同様に、
日曜日に現れていました。
おかしいな、と感じたのは、他のサナギが無事羽化したのを確認した後でした。
サナギの周りを小さなハエ(ショウジョウバエ?)が、ブンブン飛び回ったり、
サナギの背中を歩き回ったりしていました。
この時に、もう生きていないのではないか、と思いました。
ハエが、人間にはわからないものを感じ取って、飛び回っているのだと思ったからです。
試しに、霧吹きで霧を吹いてみましたが、何の反応もありませんでした。
それでも、もう少し様子を見たい、まだ諦めたくないと思ったので、
そのままにしていたのですが・・・

今朝、確認したら、サナギにうじ虫がわいていました。
もう言葉になりませんでした。
出勤前、朝食を食べている夫に、
「食事中、なんなんだけど・・・」と伝えるのが、精いっぱいでした。

これまで、蝶を育てたことのある友人たちからも悲しい話は、たくさん聞いてきました。
羽化したと思ったら、出てきたのは、蝶ではなく、ハエのような虫だった、
ということもあったそうです。
なので、覚悟はしていたのですが、できていなかったのだと思います。

このような話、書かなくてもいいのでは?とも思いましたが、
現実に起きたことですし、ハエの餌食になってしまったサナギにも、
役割があったのだと思いたいので、書くことにしました。
不快にさせてしまっていたら、ごめんなさい・・・

これで、蝶のお話はおしまいです。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
また来年、産卵に来てくれたら、私は、また育てると思います。
その時は、お付き合いください^^

ありがとうございました!

28 August 2017

8月

涼しくて、雨続きの8月が終わろうとしています。
それにしても、よく降りました。
お日様が出ないので、我が家の植木ですら日照不足を感じるほどでした。
でも、過ごしやすい気温のおかげなのか、私の体調は快調で、
引越以来、今が一番元気かもしれません。^^v
片付けも、いい具合に進みました。
あともう少し!!

朝顔は、今でも咲き続けてくれています。
朝顔市の朝顔は、4色咲きとのことでしたが、
3色しか咲かなくて、間違えて植えたのかもね、なんて話していたら、
8月に入って、やっと4色めの朝顔が花開きました。^^
4色めは、淡いブルー。
とってもきれいでした♪
20170828a

団十郎も元気です^^
20170828b

先週は、久しぶりに福岡の実家へ行って来ました。
昨年、岐阜からは帰省しなかったので、1年以上ぶりでした。
今回は、マイルが溜まっていたので、飛行機で。
下関にいた頃は、バスや車で行き来していたんだよなぁ・・・と思ったら
少し、不思議な気分になりました。

帰省から戻って数日後。
曲げわっぱのお弁当箱のワークショップに参加して来ました。
曲げわっぱのお弁当箱、いつか欲しいと思っていましたが、お高いですし。
そもそも、お弁当を作る機会が皆無ですし^^;;
でも、なんでも「作る」ことが好きなので、迷わず参加を決めて、
その作業は、とっても楽しかったです!!
20170828g
素材は、秋田杉だそうです。
杉のいい香りがします。
無塗装仕上げなので、お手入れが大変そうですが、
木の香り、手触りを味わえるので、そのまま持ち帰りました。
(希望者には、預かってウレタン塗装もしてくださるようでした。)

やっぱりものづくりは楽しいです^^
早く片づけて、いろいろ作りたいです~♪

 

さて、ここからは、虫のお話。
苦手な方は、閲覧注意です。m(__)m

8月の初めに、ツマグロヒョウモンが、スミレに来ていました。
20170828c

ツマグロヒョウモンは、雌雄の区別が明確なので、すぐにわかります。
これは、雌。
幼虫は、スミレの葉を食べると聞いていたので、産卵に来たのだと思いました。

私も幼虫は苦手なので、その後は、しばらく放置^^;;
ここで育っているなら、それもよし!と思っていました。
姿は見えないけれど、葉をかじったような形跡も見えだしたので、
ここにいるんだろうな、と思っていたある日、ついに姿を現した幼虫くん・・・
いやぁ・・・もう!ひっくり返りそうになりました(笑)
ビジュアルが・・・無理^^;;(後で、ちょこっと画像出てきます^^;;)
念のため、ドキドキしながら画像検索したら、間違いなくツマグロヒョウモンの幼虫でした。

ここのスミレには、前にも書きましたが、バッタが住んでいます。
バッタは、時々姿を見せてくれていて、見る度に大きくなっていたので、
うまく共存できているようでした。
そんな平和なスミレの園?に、ある日、アシナガバチが侵入していくのを見ました。
さすがに、アシナガバチは怖いので、どうすることもできず・・・
ハチだけなら、殺虫剤をシュッ!とやるのですが、そうすれば、ハチだけでなく、
幼虫もバッタも死んでしまいます。
これはもう自然の摂理。
アシナガバチも生きているんですよね。
人間が手を出してはいけないことだと諦めて見守りました。
アシナガバチは、何度もスミレの中に出たり入ったりを繰り返していました。
いったい中で何をしているのか・・・
気になったので、調べてしまいました。
世の中には、知らない方がいいこともありますね。
調べなきゃよかった・・・と思いました。
自然界は、厳しいです。
落ち込みました・・・

そして、1週間後。
アシナガバチの襲来で、絶滅したと思っていたツマグロヒョウモン。
生き延びた子がいました。

↓ちらっと・・・幼虫、写っています。
私は、少し見慣れました。(笑)
20170828d

葉の裏にいることが多いので、なかなか探すのが大変ですが、
3匹残っていることを確認しました。
っていうか、3匹もいたんだ!だったんですけどね^^;;
そんなにいるとは思っていませんでした。

翌日から帰省だったので、留守の間、アシナガバチから守ってやることも
できなくなるけど(いても守ってやれなかったけど・・・)
元気でね、と言い残して旅立って4日後・・・

20170828e
なんてこった!
スミレが丸坊主!!
こんなに食べちゃうんだ・・・と驚きのあまり、固まりました^^;;

そして、この時は、食べ物がなくなったからだと思っていたのですが、
幼虫たちが、花壇のあちこちに散らばって、エサを求めて?
ウロウロ・・・
その数、なんと6匹!!
6匹も・・・^^;;
そんなにいたのなら、そりゃ、スミレも丸坊主になるはずです。
叔母にお願いして、スミレの葉を分けてもらおうかと思っていたのですが、
どうも様子が変。
これは、もしかすると・・・と思ったら、サナギになる前の徘徊でした。
ナミアゲハの時もそうでしたが、サナギになる前に、ベストポジションを求めて、
動き回ります。
その行動だったようで、しばらくすると、動かなくなりました。

6匹のうち、2匹は叔母の花壇へもぐっていきました。
多分、もう少し食べ足りなかったのでしょう。(笑)
あとの4匹は、それぞれの場所で、無事、サナギになりました。
背中に、金色の点々があるのですが、金箔を張り付けたように
キラキラ光っていてきれいです。
これも敵から身を守るためのものなのでしょうか。
サナギの間は、無防備ですものね。

20170828f

この子は、いち早くここをサナギの場所と決めて、じーっとしていました。
お尻の1点だけをレンガにくっつけて、真っ逆さまにぶら下がっています。
落ちそうで、こっちがハラハラするのですが、
ツマグロヒョウモンに詳しい友だちに聞いたら、
結構な粘着力でくっついているから大丈夫らしく。
そりゃそうですよね^^

羽化までは1週間くらい。
きっと真夜中~明け方の出来事だろうから、見ることはできないだろうけど、
無事に蝶になって飛んで行ってくれれば・・・と願うばかりです。

ナミアゲハは、今年、1度だけ産卵に来たのですが、
屋上の日差しや風雨の厳しさを心配して、私が育てようと思ったのですが、
それが間違いでした。
孵化まではしたのですが、その後は、成長できず死んでしまいました。
自然界のことに、素人が手を出してしまったことをひどく後悔しました。
ごめんなさい・・・と、スミレの下は、その子たちのお墓でした。
そこにまた別の蝶の命が育ったことが、少し不思議でした。
ナミアゲハは、それ以来、産卵に来ません。
飛び回っているのは、よく見かけるのですが、
近くにおいしい柑橘の木があるのかもしれません。

ツマグロヒョウモンが羽化したら、またご報告したいと思います^^

 

        

25 July 2017

パートナーシップキルト(生命の木)

201707251_2
今年も「パートナーシップキルト」の締切日が近づいて来ました。
昨年から、1ヶ月締切日が早くなったので、
以前よりも、より1年が早く感じられるようになった気がします。

今年は、まだまだ終わらない引越の後片付けに、
提出は無理かも・・・と思った時期もあったのですが、
ミニカットクロスは出て来たし、
生地さえあれば、道具は、あるものでなんとかなるだろうと思い、
せっかく、これまで毎年提出し続けているし、簡単なものでもいいから
「参加することに意義がある!」精神で、取り掛かりました。
外側の縫い代を多め(2㎝)に取ったので、ちょっとマヌケな感じですね^^;;

テーマの「生命の木」は、2009年と同じで、
この時に、クリスマスツリーっぽいものを作ったので、
今回は、メイプルリーフのパターンにしました。
パートナーシップキルトも、来年のキルトフェスティバルで、
恐らく16回目になるので、そろそろテーマも繰り返されるのかもしれませんね。
「ハウス」や「サンボンネット・スー」は、楽しいキルトが仕上がって
会場も華やかでした。
2度目があるといいな、と思っています。

これから、名前を書いて、応募者カードと郵便はがきを添えて・・・
明日、投函します!

来年1月、東京ドームでの再会が楽しみです^^

201707252

これは、昨日の朝の団十郎・・・
何も手を加えていません。
いったい何が起きたの???と驚きでした。

虫が食べたにしては、あまりにもきれいな花びら型だし、
突然変異なのでしょうか。

咲き始めて3日目だったからよかったけれど、
最初にこれが咲いたら、驚きすぎて固まったでしょう^^;;
自然で起きることって、予想不可能です。

22 July 2017

我が家の農作物

梅雨明けし、ミンミンゼミの声が聴こえ始めました。
ミンミンゼミの声を聴くと、あぁ、東京に戻って来たんだなぁ・・・と実感します。

さて、最近、朝顔の話ばかりなので、我が家の農作物を少しご紹介^^ 

201707218

さつまいも(紅あずま)を育てています。
食べるつもりで買ったさつまいもをしばらく放置していたら、
芽が出て来てしまったので、カットして水につけて
キッチンで育てて(?)いました。

ツルが伸びて、風でひっくり返ったりもするようになってしまったので、
土に植えてやることにしました。

元気もりもり!でもなさそうですが、根付いたようです。

2017072110

落花生は、元気もりもり!
花が落ちて、地下へもぐり始めました。

2017072111

春に残っていた唯一の実をカラスの襲撃に遭い
現在、観葉植物状態のイチジク。
わき目のように出て来たのは、幼果かもしれません^^

カラスは、その後、手すりにテグスを張り巡らせたので、
全く来なくなりました^^v
最初の数日は、ひっかかったりもしていたようですが、
彼らは、伝達能力に長けているらしく、危険だとわかると
仲間に知らせるそうです。
でも、3回は、ひっかかっているはず・・・(テグスが緩んでいたので。)
グループがあるのかもしれません。

イチジクを襲撃されたのも腹が立ちましたが、
早朝から集会をしたり、じゃれ合い?ケンカ?をするので、
それはもう!うるさくて!!
4時頃から起こされるんです。
寝室の窓に体当たりされた時は、怖くて、本気で対策を
考えるきっかけになりました。
別に、滅んでしまえ!と思っているわけではないんです。
できるだけ彼らに害のない方法で、と考えたら、
テグスは効果があったと思います。
うっかりひっかかった子には、かわいそうだったけれど。
今は平和です^^

201707217

スダチは、4つのつもりでしたが、3つでした。
(数を数えるのが、どうも苦手です^^;;)
木のサイズからすると、ちょうどいいくらいかもしれません。
まだピンポン玉よりも、やや小さいくらいですが、
ずいぶん大きくなって、探さなくても見つかるようになりました。

201707216

全滅だと思っていたデコポンが、ひとつ残っているのを
最近、見つけました。
ちょっと形が長細いのと、表面のゴツゴツが気になりますが・・・^^;;
でも、ほんのりと?「デコ」があるような、ないような。

なんとか残ってくれるといいな~と、見守っています。

201707219

玄関前のバッタくん。
いつもは、スミレの葉の陰にいて、
水遣りをすると、驚いて、ピョーーーーン!と跳ねて、
今度は、私を驚かすのですが(笑)
今日は跳ばないので、どこかに行っちゃったのかなぁ・・・と思っていたら、
朝顔の双葉をむしゃむしゃかじっていました。
おいおい・・・それ、食べたらダメなやつ・・・

追い出すべきか、このままいてもらうか、悩ましいです。
同じ場所に、もう1匹。
蜘蛛もいます。
小さな蜘蛛なのですが、彼らは共存できるのかしら?

 

 

 

«団十郎開花!